虫歯・歯の神経治療

無痛治療を追求した痛くない虫歯治療

痛くない虫歯治療

「歯医者はどうも苦手で・・・」という方が多いのではないでしょうか?歯医者は痛いことばかりする、というイメージが昔から根強くありますね。しかし、それは過去の話で、現代では歯科医療の進歩で、痛みを感じさせない治療が可能となってきています。当院では痛みを取り除く方法を極限まで追求し、治療中の痛みをほとんど感じない工夫をしています。実際患者様の多くに「歯医者さんが怖いというイメージがなくなった」というお声を頂いています。

「大崎ThinkPark歯科式 痛みを抑えた虫歯治療」のご紹介

4つの無痛アプローチ

大崎ThinkPark歯科では、歯科治療における痛みに対して、4つの観点から無痛対策を行なっております。まったくの無痛で歯科治療を完了させることは不可能ですが、治療前、中、後において、できるだけ痛みを抑えるための4つのアプローチをご紹介します。

sample

  • 表面麻酔の使用

    表面麻酔まず、1番怖いのが注射ですよね。針を刺すわけですから、痛いに決まっています。でもご安心ください。当院では、まず表面に塗るタイプの麻酔を塗り、表面をマヒさせて注射することで、ほぼ痛みを感じなくさせています。

  • 超極細(33G)の麻酔針

    超極細(33G)の麻酔針表面麻酔で歯ぐきがマヒしているところに注射を打ちますが、いくらマヒしていても太い注射をすれば痛みを感じます。当院では、現存する歯科麻酔針の中でもっとも細い33ゲージという超極細針を使用し、刺した時の痛みを最小限にしています。

  • こだわりの麻酔法

    こだわりの麻酔法麻酔の打ち方は、もっとも重要な部分です。何も考えず麻酔を打つと痛みが生じやすいですが、「針を刺す」ではなく、「針に粘膜をもっていく」という感覚で刺します。この違いは、大きく痛みを軽減させる麻酔の打ち方の極意といっても過言ではありません。

  • マイクロスコープ使用の低侵襲治療

    マイクロスコープ低侵襲治療当院では、歯科医院全体の5%しか導入していないマイクロスコープを使用して、削る面積を極端に少なくすることができます。痛みの大きさは治療面積に比例しますので、低侵襲治療=無痛治療に繋がります。
    マイクロスコープについて詳しくははこちらから

「大崎ThinkPark歯科式 削らない虫歯治療」のご紹介

削らない虫歯治療

大崎ThinkPark歯科では、歯をできるだけ削らないために「レーザーによる削らない虫歯組織の除去」と、「マイクロスコープによる低侵襲治療」の2つのアプローチを行なっております。

レーザーによる削らない虫歯組織の除去

レーザー治療虫歯を治療する際、タービンで虫歯組織を削って除去しますが、この時に健康な歯組織も少なからず一緒に削ってしまうことになります。

しかし、この時にタービンではなくレーザーを使用することで、水分を多く含む虫歯組織のみを除去することが可能です。天然の歯組織を一切傷つけること無く虫歯組織のみをキレイに除去することで、つめ物の面積を少なくすることができます。(レーザーによる虫歯治療について詳しくはこちらから

マイクロスコープによる低侵襲治療

マイクロスコープ治療マイクロスコープを使用して患部の視野を数倍に拡大した状態で治療することにより、「削り過ぎ」を防ぎます。

虫歯組織は大抵の場合、色で判断しますが、歯組織の白色と虫歯の茶色の部分の境目はグラデーションがかっており、どこまでが虫歯か肉眼では判断しづらいのです。

しかし、マイクロスコープを使用すれば、この微妙な変化をしっかり視認することができ、「削り過ぎ」を防止することができます。(マイクロスコープについては詳しくはこちらから

歯を削らないことのたくさんのメリット

  • 自分の歯をなるべく守ることができます。
  • 自分の歯の色に近い詰め物で自然な仕上がりを実現できます。
  • 金属を使いませんので金属アレルギーの心配もありません。
  • 今までの白い詰め物よりも低価格で治療を行うことができます。

虫歯を抜くか抜かないか!?根管治療(歯の神経の治療)の重要さ

根管治療

虫歯が奥の方まで進んでしまうと、中にある神経にばい菌がはいって痛みを出してきます。そうすると神経を取らなければなりません。神経を取るというとちょっと怖くなってしまいますが、ご安心ください。麻酔が効けば全く痛みを感じません。神経をとったあと、清掃して元通りに詰める、これが根管治療です。

神経を取った後の根管の清掃の大変さ

根管治療さて、神経を抜いた後の根管内には汚れや細菌がいっぱいです。これらを徹底的に取り除かなければ再び感染してしまいます。

根管治療では、根の中のばい菌をきれいに殺菌した後、空っぽの根の中に固形のお薬を詰めていきますが、この殺菌に失敗して再発した場合、もう根はボロボロになっている場合がほとんどで抜歯に至ってしまうケースが多くあります。

ところが根の中は枝分かれしていたり、複雑な構造をしており、完全に殺菌をするということは至難の技です。そのため当院では根管治療をマイクロスコープを使用して行うことをオススメしています。

マイクロスコープによる精密根管治療

マイクロスコープ治療マイクロスコープを使用して狭い根管を拡大して確認することで、根管の清掃精度が飛躍的にアップします。

とある研究結果では、マイクロスコープを使用しない一般の保険適応の虫歯治療の再発率は80%を超えると言われています。

もはや、根管治療にマイクロスコープは必須のアイテムと言えるでしょう。(マイクロスコープについては詳しくはこちらから

大崎でむし歯の治療なら大崎ThinkPark歯科へお任せください

虫歯の保存治療

このように、大崎ThinkPark歯科では、「痛くない」「削らない」「抜かない」の3つを軸とした「できるだけ天然歯を護るむし歯治療」を行なっております。大崎にて虫歯治療を受診希望の患者様はぜひ当院までお気軽にご相談ください。